仙台セラミック矯正歯科

よくある質問

矯正治療についてのよくある質問

子どもの矯正のよくある質問

運動の邪魔にならない?

特に問題ありません。アライナーはプラスチックで口腔内を傷つけるリスクも少なく、取り外しもカンタンです。従来のワイヤー矯正装置は、激しい運動の際に口腔内を傷つけてしまう恐れもありましたが、インビザライン・ファーストでは運動時も邪魔にならず、噛み合わせのお陰か装着している方が集中力が増すという方もいらっしゃるようです。

吹奏楽器が使えるかしら?

特に問題ありません。アライナーはプラスチック製でフィット感の高い新素材でできており、ワイヤーやブラケットなど金属の装置と違い、口の中での痛みや違和感が非常に少なくなっています。楽器の演奏や合唱、日常のおしゃべりなど、アライナーが妨げになることはありません。

ずっとつけてて臭くならない?

アライナーは取り外しがカンタンなので、汚れがついたり着色したりしないよう、小まめに洗浄することをお奨めしています。ずっと付けたままでいると、何日もすると臭くなってしまうかもしれないですね。基本的には水洗いで唾液を落とすだけで問題ありません。汚れがついていたら、やわらかい歯ブラシでブラッシングしてあげてください。場合によっては専用の洗浄剤もあります。

アライナーの手入れはどうやるの?

基本的には水洗いで唾液を落とすだけで問題ありません。汚れがついていたら、歯ブラシでブラッシングしてあげてください。取り外しがカンタンなので、汚れがついたり着色したりしないよう、小まめに洗浄することをお奨めしています。ご心配な方は、いつでもご相談ください。

アライナーを失くしたら?

治療計画が変更になった場合は5年以内は無料で再制作が可能ですが、紛失や過失による破損の場合の再制作は有料となりますのでご注意下さい。

歯を抜かずに矯正できる?

検査の時に診断させていただきます。インビザライン・ファーストでは基本的に抜歯を行わないのが当院の方針ですが、症例によっては抜歯や少しですが歯を削る場合もあります。他の矯正方法の選択肢がある場合、歯ならびによっては、抜歯しないで治療できる場合もあれば、抜歯あるいは抜歯しない治療方法のどちらでも選択できる場合もあります。また、歯ならびによっては、抜歯・非抜歯の選択によって、治療後の口元の印象、横顔のラインが違う場合があります。治療方法によるメリットやデメリットなど、歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

10代矯正のよくある質問

運動の邪魔にならない?

特に問題ありません。アライナーはプラスチックで口腔内を傷つけるリスクも少なく、取り外しもカンタンです。従来のワイヤー矯正装置は、激しい運動の際に口腔内を傷つけてしまう恐れもありましたが、インビザライン治療では運動時も邪魔にならず、噛み合わせのお陰か装着している方が集中力が増すという方もいらっしゃるようです。

吹奏楽器が使えるかしら?

特に問題ありません。アライナーはプラスチック製でフィット感の高い新素材でできており、ワイヤーやブラケットなど金属の装置と違い、口の中での痛みや違和感が非常に少なくなっています。楽器の演奏や合唱、日常のおしゃべりなど、アライナーが妨げになることはありません。

ずっとつけてて臭くならない?

アライナーは取り外しがカンタンなので、汚れがついたり着色したりしないよう、小まめに洗浄することをお奨めしています。ずっと付けたままでいると、何日もすると臭くなってしまうかもしれないですね。基本的には水洗いで唾液を落とすだけで問題ありません。汚れがついていたら、やわらかい歯ブラシでブラッシングしてあげてください。場合によっては専用の洗浄剤もあります。

アライナーの手入れはどうやるの?

基本的には水洗いで唾液を落とすだけで問題ありません。汚れがついていたら、歯ブラシでブラッシングしてあげてください。取り外しがカンタンなので、汚れがついたり着色したりしないよう、小まめに洗浄することをお奨めしています。ご心配な方は、いつでもご相談ください。

アライナーを失くしたら?

治療計画が変更になった場合は5年以内は無料で再制作が可能ですが、紛失や過失による破損の場合の再制作は有料となりますのでご注意下さい。

歯を抜かずに矯正できる?

検査の時に診断させていただきます。インビザライン治療では基本的に抜歯を行わないのが当院の方針ですが、症例によっては抜歯や少しですが歯を削る場合もあります。他の矯正方法の選択肢がある場合、歯並びによっては、抜歯しないで治療できる場合もあれば、抜歯あるいは抜歯しない治療方法のどちらでも選択できる場合もあります。また、歯並びによっては、抜歯・非抜歯の選択によって、治療後の口元の印象、横顔のラインが違う場合があります。治療方法によるメリットやデメリットなど、歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

大人の矯正のよくある質問

治療期間はどれくらい?

治療期間は患者様の歯の状態や治療計画等によって異なります。約1年程度の治療計画の方が多いですが、10カ月程度の治療から約3~4年、中には10年近い治療計画が必要な方もいらっしゃいます。治療期間については、歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

短期間での矯正はできる?

インビザライン治療は少しづつ時間をかけて歯を動かし矯正していくので、劇的な短期間での矯正は難しいです。非常に短期間での矯正をご希望の場合はセラミック矯正をお奨めしています。治療期間については、歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

痛くないですか?

「痛い」という感覚には個人差がありますが、従来の矯正装置のようなブラケットやワイヤーによりも痛みや不快感が少ないと言われています。また、新素材のアライナーは口腔内へのフィット感も高く、取り外しもカンタンで、ストレスが少ないと言われています。新しいアライナーに替えた初日は歯への圧力も強いため違和感を感じることもあるようですが、2〜3日で感じなくなる場合が多いようです。違和感や痛みが強い場合は、すぐにご相談ください。

アライナーの手入れはどうやるの?

基本的には水洗いで唾液を落とすだけで問題ありません。汚れがついていたら、歯ブラシでブラッシングしてあげてください。取り外しがカンタンなので、汚れがついたり着色したりしないよう、小まめに洗浄することをお奨めしています。ご心配な方は、いつでもご相談ください。

何歳までできますか?

何歳になっても大丈夫です。70歳を過ぎてからの治療例もございます。矯正治療は見た目の改善だけでなく、健康維持にも重要な働きがあると考えています。以前のイメージで矯正治療を躊躇していた方も多いと思うので、ぜひインビザライン治療で人生を健康に、豊かに過ごすお手伝いが出来ればと思います。

治療費はどのくらい?

歯の状態とご希望によって異なりますが、約80〜100万円、部分矯正では約40〜50万円が目安となります。歯列矯正費用は、美容や健康に関わる費用と同様に、人によって「高い」「安い」の感覚の差が大きいでしょう。ご自身の状況に合わせてご判断いただければと思います。最長60回のデンタルローンのご紹介も可能です。歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

部分矯正はできますか?

インビザライン治療での部分矯正も可能ですのでご利用ください。症例により適応できない場合もありますが、まずは、歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

歯を抜かずに矯正できる?

検査の時に診断させていただきます。インビザライン治療では基本的に抜歯を行わないのが当院の方針ですが、症例によっては抜歯や少しですが歯を削る場合もあります。他の矯正方法の選択肢がある場合、歯並びによっては、抜歯しないで治療できる場合もあれば、抜歯あるいは抜歯しない治療方法のどちらでも選択できる場合もあります。また、歯並びによっては、抜歯・非抜歯の選択によって、治療後の口元の印象、横顔のラインが違う場合があります。治療方法によるメリットやデメリットなど、歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

虫歯・歯周病でも大丈夫?

検査の時に診断させていただき、お口の状態に合わせて治療計画を立てていきましょう。矯正治療を始める前に虫歯や歯周病の治療を済ませる場合が一般的ですが、矯正治療を考えている場合には、最初に矯正歯科医のもとへ受診されるのがお奨めです。歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

以前に矯正したことがあるんだけど?

一度治療が終わった歯並びでも、年齢の経過とともに後戻りが起きる場合がありますよね。子どもの頃の矯正や、保定期間での経過などで後戻りする方も多いですが、もちろん再度、矯正治療することが可能です。歯の状態とご希望を確認しながら無料カウンセリングで相談しましょう。

食事の時はどうするの?

アライナーはカンタンに取り外しが可能です。食事の直前などにサッと取り外していただき、食事をお楽しみください。取り外した時は、紛失を避けるためにも専用のケースに入れて衛生的に保管することをお奨めしています。従来のワイヤー矯正の場合は、歯や装置の隙間に食べカスが挟まったり、着色したり、固いものが食べられないなど不自由がありましたが、インビザライン治療ではアライナーを取り外すことでストレスなく食事を楽しむことができます。

運動の邪魔にならない?

特に問題ありません。アライナーはプラスチックで口腔内を傷つけるリスクも少なく、取り外しもカンタンです。従来のワイヤー矯正装置は、激しい運動の際に口腔内を傷つけてしまう恐れもありましたが、インビザライン治療では運動時も邪魔にならず、噛み合わせのお陰か装着している方が集中力が増すという方もいらっしゃるようです。

吹奏楽器が使えるかしら?

特に問題ありません。アライナーはプラスチック製でフィット感の高い新素材でできており、ワイヤーやブラケットなど金属の装置と違い、口の中での痛みや違和感が非常に少なくなっています。楽器の演奏や合唱、日常のおしゃべりなど、アライナーが妨げになることはありません。

ずっとつけてて臭くならない?

アライナーは取り外しがカンタンなので、汚れがついたり着色したりしないよう、小まめに洗浄することをお奨めしています。ずっと付けたままでいると、何日もすると臭くなってしまうかもしれないですね。基本的には水洗いで唾液を落とすだけで問題ありません。汚れがついていたら、歯ブラシでブラッシングしてあげてください。

ワイヤー矯正中だけど乗り換えできる?

可能です。もちろん、歯や矯正進行の状態など検査の時に診断させていただきますが、その時点での歯の状態に合わせて治療計画を立てていくことになります。ワイヤー矯正の痛みや不快感、見た目のストレスにお悩みの方はぜひ一度、無料カウンセリングにお越しください。

アライナーを失くしたら?

万が一、アライナーを紛失してしまった場合、5年以内であれば無料で再制作ができます。ただ、再制作したアライナーが出来上がるまでは計画通りの矯正治療が進まず良くない影響が出てしまいます。専用のケースを活用するなど、紛失しないようご注意ください。

マウスピース型矯正装置(インビザライン治療)透明なマウスピースで気づかれずに矯正。

一般的なワイヤー矯正では矯正装置やワイヤーなどが見えてしまうため、審美的な問題が有りましたが、インビザライン治療は透明なマウスピースをはめるだけですので、周囲から気づかれず歯列矯正を行うことができます。

一般的なワイヤー矯正では矯正装置やワイヤーなどが見えてしまうため、審美的な問題が有りましたが、インビザライン治療は透明なマウスピースをはめるだけですので、周囲から気づかれず歯列矯正を行うことができます。

インビザライン治療の特徴

矯正装置が目立たず気づかれない

インビザライン治療のアライナーは透明なマウスピースです。そのアライナーをはめるだけなので、目立たず気づかれません。お仕事や学校生活で周囲を気にする必要がなくなります。

一般矯正との違い

これから矯正を考えているお子様にも
インビザライン治療をお勧めします。

大人の矯正治療
歯並び矯正を諦めていたすべての方へ
大人の矯正治療
学校卒業の前に、歯ならび矯正で
我が子の笑顔を輝かせたい
大人の矯正治療
「うちの子の歯ならび、大丈夫?」
そう感じたことのある親御さまへ

「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)について

当院では医薬品医療機器等法(薬機法)において未承認の医療機器を用いた治療「『マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置』(インビザライン)・システムを用いた矯正治療」を提供しております。 ウェブサイトにて患者様への情報提供を行うにあたり、医療法に基づいて厚生労働省から出されている『医療広告ガイドライン』に従い、「限定解除の4要件」を満たす事項を以下に記載します。

1、未承認医薬品等であることの明示

「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)は薬機法上の承認を得ていません。

2、入手経路等の明示

「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)は米国アライン・テクノロジー社の製品の商標です。 米国アライン・テクノロジー社のシステムを、インビザライン・ジャパン社を通じて入手しております。 ※個人輸入に関しては、厚生労働省ホームページに掲載された 「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページの注意点をご参考にお願いいたします。

3、国内の承認医薬品等の有無の明示

「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)による矯正治療は、現在世界中で行われており、一般的にはアライナー矯正、マウスピース矯正などと呼ばれています。マウスピース矯正のための治療装置は、国内でも様々なブランドがありいくつかは薬事承認されております。 日本で『医療機器としての矯正装置』と認められるものは以下の3点です。 1)薬事承認されている材料を使用していること。 2)日本の国家試験をパスした歯科医師か歯科技工士が製作したものであること。 3)既製品であればそのものが薬事承認されていること。 「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)・システムは、アライナーの材料および型取りに利用する口腔内スキャン装置(iTeroelement)について薬事承認を受けております。製作過程については、日本国内で歯科医師が患者様に合わせてオーダーしたものを、米国アライン・テクノロジー社がコスタリカにある工場においてロボットで製作します。設計は日本国内で歯科医師が行いますが、実際に製作されるのは海外においてであり(日本の国家資格を持つ歯科医師や歯科技工士ではない)ロボットにより製作されますので薬機法の対象とはなりません(薬機法対象外)。

4、諸外国における安全性等に係る情報の明示

マウスピース矯正を行うための装置は「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)を含め世界で数十社が販売しており、アメリカでは歯科矯正治療の1/3程度がマウスピース矯正装置で行われています。「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)は2021年現在で、全世界にて1,000万症例が治療されていますが、歯科治療に伴う個別のリスク以外の重大な副作用の報告はありません。なお、「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」(インビザライン)は、薬機法の承認を受けておりませんので医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。また、未承認完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用救済制度の対象外となる可能性があります。

リスク

適応症例と治療中の注意

装着時間が短いと矯正完了に時間がかかるだけでなく、作成したアライナーが装着できなくなりますので、自己管理がとても重要です。また、症状によってはインビザライン・システムによる治療が難しいこともあります。

矯正装置装着後の歯の痛みと発音

個人差はありますが、矯正装置(ワイヤーやマウスピース)の装着後は、3日から1週間程度、疼き・歯痛・冷水痛を感じることがあります。また、慣れるまで、発音しづらいなどの症状がでる事があります。矯正装置の調整や交換後にも痛みが出る場合がありますが、数日でおさまる場合がほとんどです。

口内炎と潰瘍

矯正歯科治療中に装置が当たることで頬の内側に傷がついたり、口内炎になったりする場合があります。この場合は、すぐにご来院いただき、必要に応じカバーとなるワックスでの処理、接触箇所の切断などの処置を行います。

歯肉退縮

治療中に歯茎が下がり歯の根が一部露出する歯肉退縮がおきることがあります。多くの場合は元々重なり合っていた歯の下に骨が存在しない、歯を支えている骨が薄い等が原因です。歯肉退縮は歯茎が健康であれば、加齢と共に起きる現象で、30代以上の方は歯肉退縮を完全に避ける事は難しいと思います。また、それに伴い、ブラックトライアングルといった事もおこります。歯の形も関係してくるため、完全に解消することは難しい現象です。症例によりますので、気になる方はご相談ください。

歯ぎしり

インビザラインは就寝時にも装着しておく必要があるため、強い歯ぎしりがあるとマウスピース自体が破損する場合があります。

アレルギー

まれにアレルギー症状がでる場合もあります。

むし歯や歯周病

常にマウスピースを装着するため、矯正治療中、十分にブラッシングができないと虫歯や歯肉に炎症が起こる場合があります。ブラッシングは欠かさないようにしましょう。

顎関節症

治療中に開口障害・頭痛・耳鳴り・筋の硬直等を生じる事があります。だいたいが自然と消失しますが、症状が強い場合は症状が改善するまで治療を停止する場合もあります。 当院では、できるだけ顎関節に負担がかからないかみ合わせを目指した矯正治療を目標として行っています。

その他の症状

矯正歯科治療中、頭痛、首・肩のこり、倦怠感、吐き気など不定愁訴が起こる場合があります。

治療終了後

動かした歯は元の位置に戻る傾向があります。そのため装置除去後、取り外し式のリテーナーを装着し後戻りを抑える必要があります。リテーナーの装着期間には個人差があります。 また、矯正治療後に人によっては咬み合わせが悪く感じたり、頭痛、肩こりを招く事があります。しかし、ほとんどは時間の経過と共に新しいかみ合わせに適応して症状は消失していきます。如何しても改善が見られない場合は、かみ合わせの治療を行う場合もあります。

費用

374,000〜946,000円

LINEでお問い合わせ 無料相談・来院予約